【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い

【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い
拡大する(全3枚)

ホーンとクラクションの違いはなに?

【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違いの画像はこちら >>
©Chaipong/stock.adobe.com

ホーン(horn)とクラクション(klaxon)は、どちらも警笛・警音器を意味します。

【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い
「警笛ならせ」の道路標識

見通しの悪い交差点や、「警笛鳴らせ」の標識がある道路など。これら以外の場所で警音器を鳴らすと法令違反となります(危険防止のために鳴らす場合を除く)。

【警笛鳴らせ】の標識とは|警笛区間を守らないと罰則や違反金もある?

ホーン(horn)は警音器全般を指す

ホーン(Horn)は警音器を全体を示し、海外でも通用する言葉です。

現に、警音器の製品にはクラクションではなくホーンという名称が用いられています。

基本的に警音器のことはホーンと呼んでおけば間違いはありません。

クラクション(klaxon)は商品名

一方でクラクションは、フランスのメーカー「クラクソン(KLAXON)」が販売していた電気機械式ホーンの商品名に由来しています。

なので、正確にはクラクソン製の警音器以外はクラクションと呼ばず、ホーンと呼ぶのが正しいといえます。ただし、現在はクラクソン製の警音器はほとんど流通していません。

ちなみに英語圏で警音器のことをクラクションと呼んでも通じません。

警音器の人気商品はこちらから

クラクション・ホーンのおすすめ人気11選!交換すれば高級感アップも|2021年最新情報

日本ではクラクションが一般的

【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い

クラクションではなく、ホーンが正式な名称であることをお伝えしてきました。


この記事の画像

「【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い」の画像1 「【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い」の画像2 「【ややこし語#3】ホーンとクラクションの違い」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク