クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう

クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう
拡大する(全7枚)

クリープ現象とは?

アクセルを踏まなくても車が前進・後退する現象

クリープ現象とは、AT(オートマチック・トランスミッション)車において、アクセルを踏まなくても自動車が前進・後退する現象のことです。似たような動きをする自動車もありますが、クリープ現象と呼ぶのはAT車におけるそれのみです。

クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避し...の画像はこちら >>
トルクコンバーター
©dreamnikon/stock.adobe.com

クリープ現象を発生させる要因はトルクコンバータにあります。トルクコンバーターというのは流体クラッチや羽根車などを用いてエンジンの動力をトランスミッションへ伝える変速機の一種です。

トルコンとも呼ばれることもあります。自動クラッチとの別名があることからも、運転手をクラッチ操作から解放する役割を担っているとわかります。

トルクコンバータとは?トルコンの構造・仕組みやメリットまで

どのような車でクリープ現象が発生する?

クリープ現象が発生するのは、先にも書いた通りAT車です。より正確に表現すれば、流体継手やトルクコンバータが動力伝達機構に採用された自動車においてクリープ現象が発生します。

クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう
©tarou230/stock.adobe.com

AT車、CVT車、そして電気自動車などでは、ドライブレンジを選択することで自動車は動き出します。

ドライブレンジを選んだ状態でブレーキからアクセルを離すと前進するわけですが、CVT車と電気自動車ではこの現象をクリープ現象と呼ぶことはありません。その理由は単純明快で、これらにはトルクコンバーターが採用されていないからです。


この記事の画像

「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像1 「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像2 「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像3 「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像4
「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像5 「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像6 「クリープ現象を上手に使うと安全運転になる?事故を未然に回避しよう」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク