ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場

ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場
拡大する(全4枚)

ライズとロッキーにハイブリッドモデル追加

ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハ...の画像はこちら >>
トヨタ ライズ(現行型)

トヨタ ライズおよびダイハツ ロッキーにハイブリッドモデルが追加されることが、関係者からの情報で分かりました。

燃費性能が大幅に向上し、カタログ数値は27km/Lに及ぶようです。

マツダ CX-3のフルモデルチェンジはいつ?21年秋にMMC実施。2Lが廃止に

新開発の1.2リッターシリーズハイブリッドシステムを搭載

ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場
トヨタ ライズ(現行型)

トヨタ ライズおよびダイハツ ロッキーに搭載されるのは、ダイハツが新たに開発した1.2リッターのシリーズハイブリッドシステムです。

ダイハツでは初となるいわゆる「ストロングハイブリッド」で、エンジンで発電しモーターで駆動をおこなうパワートレインとなります。

ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場
出典:www.j-platpat.inpit.go.jp

新しいライズおよびロッキーでは、アクセルペダルの操作のみで加速力と減速力をコントロールできる「ワンペダルドライブ」を実現。

この機能はダイハツが2021年8月20日に商標を出願していた「スマートペダル」という名称が用いられるようです。

ガソリン車は1.2リッターNAエンジンに変更

また、ガソリン車の2WDモデルは1.2リッターの自然吸気エンジンに変更となります。

4WDモデルのエンジンにはこれまで同様1.0リッターのターボエンジンが採用されるとのことです。

ダイハツが2気筒エンジンの特許を出願。次世代軽向けダウンサイジングターボか?

この記事の画像

「ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場」の画像1 「ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場」の画像2 「ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場」の画像3 「ライズ&ロッキーにシリーズHV採用。ダイハツ初のストロングハイブリッド11月登場」の画像4

あわせて読みたい

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク