EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは

EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは
拡大する(全5枚)

世界的な脱炭素社会を目指した取り組みの中、注目を浴びるEV(電気自動車)。

電気の力を利用して走るEVには、ガソリンスタンドではなく充電するための充電スタンドが必要不可欠ですが、今年2021年に入って初めて充電スタンドの設置数が減少してしまいました。

EVの普及が求められている中、なぜ充電スタンドは減少してしまったのでしょうか。

EVのシェア率が低いから

EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する...の画像はこちら >>

EVを充電するための充電スタンドが減少した1つ目の理由として挙げられるのが、EVのシェア率が低いということです。

現在では日産が開発した電気自動車「リーフ」を始めとして、2020年に市場に投入されたホンダの「ホンダ e」やマツダの次世代EVとなる「MX-30」など、国内のメーカーもEVの開発に力を入れています。

さらに、世界に目を向けてみれば2019年には36万台を売り上げ、最も売れたEVとなったテスラの「モデル 3」や、ルノーのコンパクトEV「ゾエ」といった多彩な車種がラインナップしています。

しかしながら、日本国内で新車登録されたEV及びトヨタの「プリウスPHV」に代表されるようなPHV(プラグインハイブリッド車)の数は、2020年度時点でおよそ3万台ほどで、ガソリンエンジン搭載車などを含めた全体の新車登録数のおよそ1%に留まっているのが現状です。

また、販売台数が伸び悩んでいる原因としてEVの価格の高さもあるようです。先に名前を挙げた日産の「リーフ」は、最も安価なグレードであるXVセレクションで込み406万3400円となっており、ホンダの「ホンダ e」でも451万円です。


この記事の画像

「EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは」の画像1 「EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは」の画像2 「EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは」の画像3 「EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは」の画像4
「EVの充電スタンドが減少してしまった理由は…?知れば納得する5つの要因とは」の画像5

あわせて読みたい

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク