開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】

開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】
拡大する(全3枚)

スーパーカーに多い跳ね上げ式ドアにはいくつかの方式がありますが、ドア前部を軸にして、ほぼ前方垂直に跳ね上げるのが、「シザーズドア」と呼ばれるものです。

開口部の大きさは通常のドアとあまり変わらず、乗降性の確保よりは、デザインや空力の都合上、あまりにも劣悪な後方視界によるバックのしにくさをカバーする目的で採用されました。

バックの時はドアを開けてサイドシルに腰掛け、後方確認しながらアクセルやブレーキ、ステアリングを操作するスタイルはスーパーカーでもさすがにかなり独特で、ランボルギーニ車を除けば採用例はごく少ないものです。

ランボルギーニ カウンタック

開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】の画像はこちら >>

コンセプトカー止まりだったシザーズドアを市販車で初採用、1974年に発売されたのがカウンタックです。

限界まで低くコンパクトにまとめ、エンジンと分厚いサイドシルに囲まれて後方視界が劣悪なミッドシップスポーツをバックさせるには、身を乗り出して後方確認するための大きな開口部が必要でしたが、普通のドアヒンジをつけるスペースがありません。

さりとてガルウイングドアを採用すれば重たい上ヒンジで運動性が損なわれるため、数少ない選択肢として採用されたのが、シザーズドア。

このカウンタック以降、V12エンジンを搭載したランボルギーニ車の伝統となったシザーズドアは、ランボルギーニドアとも言われています。

ブガッティ EB110

開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】

ランボルギーニ以外ではあまり採用例のないシザーズドアですが、数少ない例外のひとつが1991年には発売されたブガッティEB110。


この記事の画像

「開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】」の画像1 「開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】」の画像2 「開けば高々と天を衝く!シザーズドアの車【推し車】」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク