後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】

後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】
拡大する(全3枚)

今でこそ埋没気味から立て直している最中なものの、かつては国産車メーカーの王座をトヨタと争い、あらゆるジャンルで激しい火花を散らしてきた日産

1960年代から1990年頃まで、時にはトヨタを蹴散らすほどインパクトのある名セダンを何台も生み出し、トラッドサニー(B12型)や910ブルーバード、R12ブルーバードSSS-R、グランツーリスモ系や430ターボ系のセド/グロなど印象深いモデルが多数あります。

今回はそれらの中から、モータースポーツでの活躍や社会現象にもなったモデルとして、現在まで日本での評価が高い3台を厳選しました。

3代目ブルーバード(510型・1967年)

後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】の画像はこちら >>

タクシー用途メインだった国産乗用車で初のオーナーズカーとして、初代310型が初期の大衆車文化を彩ったブルーバードですが、BC戦争とも言われたトヨタ コロナとの激しい販売競争に、2代目410型のデザイン不評で失速。

奪われた王座奪回を目指し、スーパーソニックラインと呼ばれる直線的でシャープなデザインを引っさげ登場したのが、3代目510型でした。

一新されたエンジン、日産初の四輪独立懸架サスペンションによる優れた走りも好評で、1.6リッターSOHCエンジンを積むSSSグレードはスポーツセダンの名車として今でも名高く、1970年にはアフリカのサファリラリーで総合優勝の栄誉にも輝いています。

初代シーマ(FPY31型・1988年)

後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】

当時のセドリック/グロリアをベースにイタリアンルックの3ナンバー専用ボディ、全開加速時にはテールを下げるほどの大トルクを誇る3リッターDOHCターボのVG30DETを搭載するなど、まさに常識破り。


この記事の画像

「後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】」の画像1 「後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】」の画像2 「後世まで語り継ぎたい栄光!日産の名セダンたち【推し車】」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク