ボクサーサウンドとともに駆け抜けろ!スバルの名セダンたち【推し車】

ボクサーサウンドとともに駆け抜けろ!スバルの名セダンたち【推し車】
拡大する(全3枚)

スバルといえば、縦置きされた左右対称の水平対向エンジンと、熟成された4WDシステムによる「シンメトリカルAWD」、そして優れた衝突安全性能と運転支援システム「アイサイト」による予防安全性能の高さを売りとして、独自の立ち位置を確立させています。

ワゴンブームの起爆剤となって以来、そのスポーツ性が現在まで定評のあるワゴンや、4WD性能を活かしたSUVとともに、今でも重要なポジションを占めているスバルのセダンでも、重要な3台を厳選して紹介します。

スバル1000(1966年)

ボクサーサウンドとともに駆け抜けろ!スバルの名セダンたち【推...の画像はこちら >>
スバル1000 2ドアセダン

直列4気筒エンジンを積むオーソドックスなFRセダン「スバル1500」の市販化を見送ったスバル。その後、前後長の短い水平対向4気筒エンジンをフロント縦置き、前輪駆動で後輪へのプロペラシャフトを省略、広くフラットな車内空間を稼いだ初の市販セダンが「スバル1000」です。

そのパッケージングはその後のスバル車および、現在に至る自動車メーカーとしてのスバルの基礎となった重要な車でした。

当時はトヨタ カローラや日産 サニーの初代モデルが発売、マイカー元年と言われた1966年デビューなのも幸運といえるでしょう。

ベストセラーとはいかなかったものの、バランスがよくトラクションに優れ、ラリーで悪路での強さも証明したこの車から、熱心なスバリストを着実に増やしていったのです。

初代レオーネ 4ドアセダン 4WD(1975年)


この記事の画像

「ボクサーサウンドとともに駆け抜けろ!スバルの名セダンたち【推し車】」の画像1 「ボクサーサウンドとともに駆け抜けろ!スバルの名セダンたち【推し車】」の画像2 「ボクサーサウンドとともに駆け抜けろ!スバルの名セダンたち【推し車】」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スバル」に関する記事

「スバル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スバル」の記事

次に読みたい「スバル」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク