インドネシアのダイハツ人気が凄い?累計販売台数68万台、DNGA初「セニア」発売

インドネシアのダイハツ人気が凄い?累計販売台数68万台、DNGA初「セニア」発売
拡大する(全2枚)

10年ぶりにフルモデルチェンジした7人乗りコンパクトMPV

インドネシアのダイハツ人気が凄い?累計販売台数68万台、DN...の画像はこちら >>

ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社は11月11日、DNGA初のBセグメント小型車として、7人乗りコンパクトMPV「セニア」を10年ぶりにフルモデルチェンジし、発売しました。

価格は日本円で約153万~194万円となっています。

新型セニアは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA」によるインドネシア第2弾商品。れまで同様、トヨタグループの新興国小型車事業の一環として、トヨタ自動車OEM供給を行います。

2004年にトヨタとの初の共同開発車として発売されたセニアは、Bセグメントのコンパクトなボディサイズながら大人7人がしっかり乗れる3列シートの広い室内空間を実現。購入しやすい価格設定とした商品であり、インドネシア市場における新ジャンルを切り開いてきたダイハツの基幹車種となっています。

発売からの累計販売台数は、ダイハツがインドネシアで販売する商品において最大となる約68万台に上ります。

インドネシアのダイハツ人気が凄い?累計販売台数68万台、DNGA初「セニア」発売

今回のフルモデルチェンジでは、プラットフォームを一新し、セニアとして初めてFFレイアウトを採用しています。また、高効率パッケージングを実現し、広くて使いやすい室内空間をさらに進化。D-CVTを採用し、燃費性能を向上させながら快適な走行性能を実現しています。

インテリア・エクステリアデザインはよりスポーティな印象に仕上げるとともに、使い勝手の良さも向上させながら、購入しやすい価格となっています。安全性能については、2021年4月に発売した新型コンパクトSUV「ロッキー」に続き予防安全装備「スマートアシスト」を導入し、安心・安全への要望に応えています。


この記事の画像

「インドネシアのダイハツ人気が凄い?累計販売台数68万台、DNGA初「セニア」発売」の画像1 「インドネシアのダイハツ人気が凄い?累計販売台数68万台、DNGA初「セニア」発売」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク