先に知っておけば安心!車にイタズラされたときの連絡手順&イタズラ防止対策5選

先に知っておけば安心!車にイタズラされたときの連絡手順&イタズラ防止対策5選
拡大する(全2枚)

イタズラされたときの対応手順

1.見つけたらすぐに警察に連絡

10円キズをつけられた、落書きされたなど、車のイタズラ被害を受けたときは、真っ先に警察に通報し、被害届を出しましょう。

一般的に、車に対するイタズラ行為は証拠不十分で捜査は難しいようですが、犯人が見つかれば、損害賠償義務を追求することができ修理費用を請求することができます。

2.任意保険会社にも連絡を忘れずに

警察に連絡した後は、任意保険会社にも連絡しましょう。警察に被害届を出したかどうかが重要になるケースもありますので、必ずセットで行います。

被害の状況を保存しておきたい場合は、スマホカメラで撮影しておくのが簡単です。警察・保険会社ともに被害証拠が必要な場合がありますので、写真やドライブレコーダー映像などを提出できるようにしておくと安心です。

任意保険を使うと翌年の保険料が上がるかも……

ガラスを割られたなども酷い被害を受けた場合は任意保険を使って車を直すのがおすすめですが、被害状況によっては保険を使わずに自費(自腹)で直したほうがお得なケースがあります。

任意保険は使用すると翌年の保険料が上がる仕組みになっています。したがって、任意保険に被害状況を伝える際、「今回のイタズラで保険を使った場合、翌年の保険料がいくら上がるか」も一緒に質問しましょう。

飛び石による窓ガラスの傷は事故扱い!車両保険や修理費用はどうなる?

3.修理見積もりを出してもらう


この記事の画像

「先に知っておけば安心!車にイタズラされたときの連絡手順&イタズラ防止対策5選」の画像1 「先に知っておけば安心!車にイタズラされたときの連絡手順&イタズラ防止対策5選」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク