ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】

ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】
拡大する(全4枚)

ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の違い

ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違...の画像はこちら >>
©pixarno/stock.adobe.com

ハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHVまたはPHEV)はどちらも、ガソリンエンジンとモーターを搭載した車両のことをいいます。

両車の違いは「車内に搭載されているバッテリーを外部から充電できるかどうか」という点です。

EVとBEVの違い【ややこし語#19】

外部から充電できるかどうかが違う

ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】
プラグインハイブリッドの充電イメージ

ハイブリッド車のバッテリーはエンジンが発電した電力によって充電されるため、外部からの充電は必要ありません。

それに対し、プラグインハイブリッド車は車両にコンセントに接続するためのプラグが用意されており、バッテリーを外部電源から充電できます。「プラグイン」というのはこのためです。バッテリーに充電した分の電力で走行することができるため、走行モードを切り替えれば完全に電気自動車として走行することができるのです。

また、プラグインハイブリッド車は電源として使用することができます。バッテリー容量が低下した際にはハイブリッド車同様、エンジンによる発電も可能なので、災害時に予備電源としての活躍も期待されています。

プラグインハイブリッドとは?PHVとPHEVの意味やハイブリッドとの違い

ちなみにPHVとPHEVは同じ意味

ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】
三菱 アウトランダーPHEV

よく、プラグインハイブリッド車を表す略語として、「PHV」と「PHEV」が使われることがあります。

PHVは「プラグインハイブリッド自動車」、PHEVは「プラグインハイブリッド電気自動車」という意味を持ちますが、呼び方が違うだけで意味は同じです。

ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】
トヨタ RAV4 PHV

メーカーによって用いる呼び方が異なるので、意識してみると面白いかもしれません。

HV・PHEV・PHV・FCV・EV・BEV・HEVとは?カーライフ別おすすめのエコカー選び

ややこし語の記事一覧はこちら

【ややこし語】違いが分かりづらい自動車用語を解説

この記事の画像

「ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】」の画像1 「ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】」の画像2 「ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】」の画像3 「ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHEV)の違い【ややこし語#25】」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

MOBYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク