BEV化なら現実性アリ?今復活したら売れそうな国産オープンスポーツたち【推し車】
拡大する(全3枚)

さまざまな事情で後継車もなく消えていった車でも、その当時から世の流れが変わった現代に復活すれば、あるいは売れそうな車を探していくこのシリーズ。今回は国産オープンスポーツ編です。

国産車の市販オープンスポーツは、1989年に登場した初代マツダ(ユーノス) ロードスターを境にして意外にも数多くのモデルが現れました。しかし、元祖のロードスターを除くといずれも現れては消えていく存在。

その中でも「今なら売れそう」なのは?

スズキ カプチーノ(1991年)

ありえなくとも復活を望みたい車

BEV化なら現実性アリ?今復活したら売れそうな国産オープンス...の画像はこちら >>
スズキ カプチーノ

安全基準の変化でもはや復活はありえない車ですが、復活すれば絶対売れる!間違いない!と思うのが自由ならば、絶対外せません。

旧規格の軽自動車枠に収めつつ、パワートレーンは軽商用車から流用したFRレイアウトに660ccターボエンジンを搭載。足回りは豪勢に4輪ダブルウィッシュボーンで、フルオープンでもTバールーフでもタルガトップでもイケる柔軟性。

現在販売すれば300万円は下らず、あるいは400万円近くなるかもしれませんが、高額でも売れる軽自動車が人気の今ならそれでも売れそうです。

ケータハム セブン160も新型エンジンで170Sへ進化して継続していますし、カプチーノも何とかならないでしょうか。

トヨタ MR-S(1999年)

「SPORTS EV」で復活間近?

BEV化なら現実性アリ?今復活したら売れそうな国産オープンスポーツたち【推し車】
トヨタ MR-S(画像は北米仕様の3代目「MR2スパイダー」

この記事の画像

「BEV化なら現実性アリ?今復活したら売れそうな国産オープンスポーツたち【推し車】」の画像1 「BEV化なら現実性アリ?今復活したら売れそうな国産オープンスポーツたち【推し車】」の画像2 「BEV化なら現実性アリ?今復活したら売れそうな国産オープンスポーツたち【推し車】」の画像3