高度成長期ゆえの高揚感が原因?今やもう作れないであろうヘンタイ軽自動車たち【推し車】
拡大する(全3枚)

1958年に登場したスバル360によって花開いた「軽乗用車」が、まずは無難に実用モデルをリリースしていったゆえに、軽商用車で挑戦的なモデルが多かった1960年代が過ぎると、1970年代には軽乗用車でも含めた野心的なモデルが登場するようになりました。

ただし、もっとも奇抜そうに見えるオープントップ貨物車のバモスホンダは、衝突安全基準が緩和された超小型モビリティで同様のコンセプトが登場する可能性があり、意外にも今回触れる事はありません。

今回はさらに厳選した「今やもう作れないであろうヘンタイ軽自動車・1970年代版」を紹介します。

ダイハツ フェローMAX SS(2代目・1970年)

グロス値とはいえ40馬力、360cc最強のリッター100馬力超え軽自動車

高度成長期ゆえの高揚感が原因?今やもう作れないであろうヘンタ...の画像はこちら >>
ダイハツ フェローMAX SS

ホンダ N360(1967年)に始まる第1次軽パワーウォーズは、年を経るごとに過激化しますが、高回転高出力志向が極まると、常に全開で走らなければ低回転トルクがなさすぎ、大抵は36馬力前後でした。

そこへ一気にリッター111.1馬力、40馬力で勝負したのがダイハツのフェローMAX SSで、高回転をキープしていれば速いものの、ある高名な自動車評論家が借り出したところ、いくらも走らないうちにプラグがカブってしまったという話も残っています。

当時の馬力はグロス値で、今のネット値だと34馬力程度ですが、スポーツモデルとはいえブン回さないとただ走る事すら困難な軽自動車など、もう作られることはないでしょう。


この記事の画像

「高度成長期ゆえの高揚感が原因?今やもう作れないであろうヘンタイ軽自動車たち【推し車】」の画像1 「高度成長期ゆえの高揚感が原因?今やもう作れないであろうヘンタイ軽自動車たち【推し車】」の画像2 「高度成長期ゆえの高揚感が原因?今やもう作れないであろうヘンタイ軽自動車たち【推し車】」の画像3