実際に見る機会も多かったSA22C、S13シルビア、セラなど「緑」が似合う車たち【推し車】
拡大する(全3枚)

競技用など特殊な車を除き、一般の市販車には複数のボディカラーを設定しているのが普通ですが、オーナーの好みで好きな色を選べたり、好きな色がないと思ったら特別仕様車で追加されたり、イメージカラーとして設定されたものの、サッパリ人気のない色もあります。

今回はそんなボディカラーの中から「緑」を選び、「その車によく似合っていて、実際に街で見かける時も緑が多かった」という車をチョイスしてみました。

なお緑といっても幅広いですが、ミリタリールックなカーキ色が似合う車はまた別な機会に紹介します。

マツダ サバンナRX-7(初代SA22C・1978年)

カエルのような色で、こっ速かったロータリーロケット

実際に見る機会も多かったSA22C、S13シルビア、セラなど...の画像はこちら >>
ライムグリーンのマツダ サバンナRX-7(初代SA22C)

初代RX-7がデビューしたのは筆者が4歳の時で、セピア色で曖昧な記憶の中でも「緑色でライトがパカパカ開く平べったいスポーツカー」の事はよく覚えており、当時見たのはほとんど緑色だった気がします。

そういう幼児期の刷り込みもあってか、大人になって緑以外の初代RX-7を見ても、イマイチしっくりきません。

当時のマツダは初のFF車となった5代目「赤いファミリア」(1980年発売)など、鮮烈な色使いがうまいメーカーで、くすんだ色合いや、「白より白い」と言われたスーパーホワイトのトヨタハイソカーが多い中、際立って目立った存在でした。

今でもレストア車やカスタムカーで緑のRX-7を見ると、とても懐かしく思います。


この記事の画像

「実際に見る機会も多かったSA22C、S13シルビア、セラなど「緑」が似合う車たち【推し車】」の画像1 「実際に見る機会も多かったSA22C、S13シルビア、セラなど「緑」が似合う車たち【推し車】」の画像2 「実際に見る機会も多かったSA22C、S13シルビア、セラなど「緑」が似合う車たち【推し車】」の画像3