トヨタ ルーミーの改良情報入手!せっかく4月に1番売れたのに受注停止…
拡大する(全2枚)

ルーミーが間もなく一部改良

トヨタ ルーミーの改良情報入手!せっかく4月に1番売れたのに...の画像はこちら >>

トヨタ ルーミーが一部改良を予定しているという情報を、トヨタディーラーへの取材によって入手しました。

ルーミーはダイハツ「トール」からOEM供給を受けているトールワゴン。初代(現行モデル)は2016年にデビューしていて、時期的にはフルモデルチェンジがあっても良さそうですが今回はまだ一部改良にとどまるようです。

2022年4月の月間新車販売台数で1位に

なお、月間新車販売台数では常に上位に名前のあるルーミーですが、2022年4月には「ヤリス」を抜いて1位に輝きました。

この点についてもトヨタディーラーに伺ったところ、「納期が短いため、顧客に勧めることが増えた。他の販売店もおそらく同じで、これがもともとの人気に拍車をかけたことが1位になった理由なのではないか」とのことでした。

主な変更点

ルーミーの一部改良では、法規対応やメーカーオプションの変更、ボディカラーの廃止などがあります。順を追って説明します。

法規対応

廃ガス規制やフロン排出抑制法、タイヤ取り付け法規に対応するほか、エアバッグのコーションラベル(注意・警告シール)を変更します。

タイヤ取り付け法規はあくまで認可申請のみで、なにか変更されるということはないようです。なので、法規対応の部分にユーザー側にとって影響する部分は無いと言えます。

メーカーオプションの機能変更

メーカーオプションでは以下の機能追加&廃止があります。

  • 「コンフォートパッケージ」にナノイーエックス機能追加(X以外)、
  • ディスプレイオーディオのスマートデバイスリンク対応を廃止

この記事の画像

「トヨタ ルーミーの改良情報入手!せっかく4月に1番売れたのに受注停止…」の画像1 「トヨタ ルーミーの改良情報入手!せっかく4月に1番売れたのに受注停止…」の画像2