「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願
拡大する(全5枚)

ホンダの出願したEV特許が気になる!

「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパク...の画像はこちら >>
出典:日本国特許庁

ホンダは2022年5月23日、バッテリーを搭載した車両の特許を「電池パック搭載車両」として出願しました。

特許には2列シートのコンパクトカーが描かれており、座席のフロア下に電池パック(バッテリー)を備えていることがわかります。

なお、特許そのものは「車体の重量を増加させることなく電池パックの変形を抑制できる電池パック搭載車両」としており、特定の新型車と直接関係するものではありません。

フィットに追加予定のスポーティグレード「RS」の開発車両をスクープ

ホンダ フィットRSのテストカー捉えた!フロントマスクはEK9っぽくなる?

「フィットEV」が復活する?

「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願
フィットEV(2012年)

ホンダが販売する2列シートのコンパクトカーとして真っ先に思い浮かぶのは「フィット」です。フィットは2012年、自治体や企業に向けてリース販売された「フィットEV」というモデルが存在しました。

それ以前にも「EV Plus」というニッケル水素電池搭載の電動車両を国内でリース販売するなど、電動コンパクトカーを導入する取り組みはこれまでに何度かありました。

「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願
現行フィットと特許画像を重ねた画像
細かい部分は異なるが形状はかなり似ていると言える

今回発見されたバッテリー搭載のコンパクトカーは、もしかしたら現行モデルに追加、または次期型モデルに設定される復活版フィットEVなのかもしれません。


この記事の画像

「「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願」の画像1 「「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願」の画像2 「「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願」の画像3 「「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願」の画像4
「「フィットEV」復活の伏線!?ホンダがバッテリー搭載コンパクトカーの特許を出願」の画像5