“マツダの救世主”に異変!欧州のMAZDA2 HYBRIDが日本にも導入される?
拡大する(全3枚)

次期MAZDA2について内部スタッフからリーク

“マツダの救世主”に異変!欧州のMAZDA2 HYBRIDが...の画像はこちら >>
MAZDA2

マツダのコンパクトカー『MAZDA2』について、読者の方から次期モデルに関する情報が寄せられました。

MAZDA2は現行モデルが2014年9月にデビュー。かつては『デミオ』の車名で販売され、初代デミオはマツダの経営危機を救ったことから“マツダの救世主”とも呼ばれていました。

マツダのラインアップの中ではMAZDA6に次いでフルモデルチェンジからの期間が空いているモデルとなっているため、その進退について注目されています。

MAZDA2に続きCX-3も?ヤリスHVのOEMで見えてくるマツダの今後の展開

次期MAZDA2はトヨタとの協業モデルに!

“マツダの救世主”に異変!欧州のMAZDA2 HYBRIDが日本にも導入される?
CX-50

今回読者の方から寄せられた、マツダ関連施設で聞いたという情報によると、次期MAZDA2はトヨタとの協業モデルになる可能性が高いようです。

協業が、車体をまるごと提供されるOEMによるものなのか、それともパワートレインの一部などを共有するものなのか、その程度について具体的にはわかっていません。

一例として、北米で発売されているCX-50は、今後ハイブリッドモデルが追加予定となっていますが、これはトヨタ・ハイブリッド・システム(THS II)を同じ現地工場で生産されるトヨタ カローラ クロス ハイブリッド(北米仕様)と共用する可能性が高いです。

マツダは2022年から2025年までに、協業によるものも含むハイブリッドモデル5車種を発売予定であるため、次期MAZDA2がトヨタと協業になるねらいは、トヨタのハイブリッドシステムを搭載することにあると見えます。


この記事の画像

「“マツダの救世主”に異変!欧州のMAZDA2 HYBRIDが日本にも導入される?」の画像1 「“マツダの救世主”に異変!欧州のMAZDA2 HYBRIDが日本にも導入される?」の画像2 「“マツダの救世主”に異変!欧州のMAZDA2 HYBRIDが日本にも導入される?」の画像3