新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?
拡大する(全6枚)

ランクル300の現在の納期は?

新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅...の画像はこちら >>

2021年8月2日にフルモデルチェンジし発売された、新型ランクル300(トヨタ ランドクルーザー300系)。予約注文の殺到により、リリース時点で異例の長納期を要するモデルとなりました。2022年6月現在も予約待ちの状態が続いており、トヨタの公式ウェブサイトには「納期は4年以上になる場合がある」と記載されています。

こうした状況の中、ランクル300を注文するべきか迷っている方も多いことでしょう。公式サイトの情報だけでは、4年以内に納車される可能性もあるのか、納期は最大で何年かかるのか、今ひとつ判然としません。そこで、ランクル300の現在の納期について調査しました。

今からランクル300を注文する場合の納車時期

これからランクル300を注文する場合、納期は4~6年後になるようです。2022年1月にランクル300を契約したユーザーの口コミによると、納車は2026年2月ごろになる予定とのこと。また、一部ウェブメディアには「ランクル300の納期は早くて4年、長くて5~6年」とのディーラーのコメントが見られます。

一方、4年以内の納車が可能との情報は、ウェブメディアやSNSには見つかりませんでした。以上の調査結果から、今からランクル300の注文をするなら、納車には最短でも4年、最長6年を要すると考えられます。

先行予約していた場合はいつ納車される?

発売前に先行予約していたランクル300については、2022年内に納車される可能性があります。ランクル300の発売当初、納期は1~2年後になるとの情報が見られました。しかしながら、実際は2021年11月ごろには納車が開始されています。


この記事の画像

「新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?」の画像1 「新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?」の画像2 「新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?」の画像3 「新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?」の画像4
「新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?」の画像5 「新型ランクル300の納期はどれくらい?ディーゼル車のほうが遅いってホント?」の画像6