日産&三菱の軽EVが14000台以上受注…だけどトラブルも多い充電スタンドの今
拡大する(全3枚)

2015年12月に採択された「パリ協定」。温室効果ガスの排出削減を目的として、世界各国で内燃機関(ガソリンエンジン)を使用した車から、電動車(ハイブリッド、電気自動車、プラグインハイブリッド)への新車販売切り替え時期が明示されました。

日本でもハイブリッドやプラグインハイブリッドに続き、電気自動車(BEV)が次々と登場しています。特に、5月20日に発表された日産と三菱の軽自動車BEVが14,000台以上の注文を受け、BEV化の波はさらに加速していくでしょう。

そこで気になるのが、電気自動車の充電事情。電気自動車の数がどんどん増える中、充電スポットの数が比例して増えてはいないのです。各所でトラブルなども聞こえてくる充電スタンドの今を探っていきましょう。

全国にある充電スタンドの数は?

電気自動車の航続可能距離は、搭載されているバッテリーの大きさにより、大きく変わります。車体が大きくなれば、それだけ大きなバッテリーを積み込むことができるので、1度の充電で長い距離(400~500㎞)を走れます。

しかし、日本国内で多く見かける中型や小型の電気自動車の、1回の満充電で走行できる距離は200~300㎞程度です。

WLTCモードで計算すると、今回登場した日産のSAKURAは1回の充電で走行できる距離は180㎞です。少し遠出をしようと考えると、走行スケジュールのどこかで、充電スタンドを利用することが必要となるでしょう。


この記事の画像

「日産&三菱の軽EVが14000台以上受注…だけどトラブルも多い充電スタンドの今」の画像1 「日産&三菱の軽EVが14000台以上受注…だけどトラブルも多い充電スタンドの今」の画像2 「日産&三菱の軽EVが14000台以上受注…だけどトラブルも多い充電スタンドの今」の画像3