甘いものヤメラレナイ! そんなあなたは要注意

甘いものヤメラレナイ! そんなあなたは要注意
甘いものヤメラレナイ! そんなあなたは要注意
執筆:山本 ともよ(管理栄養士)
アルコール依存症、ニコチン依存症などと同様、食物にも依存性があります。その依存性は、砂糖による研究で明らかになりました。
砂糖を摂取したラットからはドーパミン(幸福を感じる脳内物質)が放出され、この快感が動機となり、砂糖摂取を反復することにより依存性が生じたのです。
さらに砂糖の供給を絶たれたラットは、脳のドーパミン量が下がり、歯をガタガタさせる、トンネル内に引きこもる、などの離脱症状が起こしました。空腹時に砂糖を多量摂取するラットの脳内では、コカイン・モルヒネ・ニコチンなどの依存性物質による変化と似た化学的な変化が起こったのです。
このような研究から、砂糖、それに限らず食物にも依存性があるのではないかと言われているのです。ただし、現在のところは、食物の特定物質が依存性を誘発しているという事実はありません。
この「砂糖の依存性」をさらに詳しく見ていきましょう。

砂糖に依存性はある?
特定の食品が依存性物質とならなくても、砂糖が依存性をもっていることは事実です。その理由は、砂糖が体内で消化吸収されるプロセスにあります。
砂糖を摂取すると、体内に吸収されて血糖値が上がります。糖質の中でも砂糖は分子が小さいために体内で分解されやすく、特に空腹時に砂糖を摂取すると血糖値が急激に上昇します。その結果、血糖値を下げる働きを持つインスリンが大量に分泌されて、血糖値が急降下し、低血糖状態を引き起こします。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る 2016年10月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。