「がん」の再発や転移は食い止められないのか?

「がん」の再発や転移は食い止められないのか?
「がん」の再発や転移は食い止められないのか?
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
監修:岡本 良平(医学博士、東京医科歯科大学名誉教授)

かつては不治の病だった「がん」も、医療の大幅な進歩によって現在では治癒可能な病気になりつつあります。
ただし、いったん治った場合でも「再発」することはあります。
また、最初のがんとは別なところで再発する「転移」もしばしば起こります。
こうした「がんの再発や転移」はどのように起こるのでしょうか?基本的なことをまとめてみました。
治療方針を立てるのに重要な原発巣
がんを発症した場合、最初に生じた部位のがんを「原発巣(げんぱつそう)」と呼びます。
例えば最初に胃にがんができて、それが肺に転移した場合、原発巣は胃がんです。
この場合は、肺にがんができていますが「肺がん」ではなく、「肺に転移した胃がん」として扱います。
原発巣が胃がんである場合、転移した先のがん(転移巣)は、胃がんの細胞からできているため、胃がんの治療法を用いて肺の治療も進める必要があります。
このように、原発巣が何かを知ることは治療方針を決めるうえで重要です。
がんを発見した場合は、どこが原発巣であるのか、そのがんが転移巣なのか、再発した部位はどこなのかなどが、治療方針を大きく左右します。
そのため、最初に方針を決めるにあたって、医師は病理検査、CT検査、腫瘍マーカーなどの情報を基に原発巣なのか転移巣なのかを判断します。
がんの再発や転移
最初の治療でがんが完全に取り除かれていれば、再発することはありません。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る 2017年2月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。