手洗いは「水」?「お湯」? “肌への負担”で考える

手洗いは「水」?「お湯」? “肌への負担”で考える
手荒れ防止のため、水洗い?お湯洗い?
執筆者:鈴木ちひろ(看護師)
監修医:坂本忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)
あなたは手を洗う時、水を使いますか?お湯を使いますか?
寒い季節になると、手荒れがひどくなる、といった経験をお持ちの方の中には、「冷たい・寒い=手荒れ」と考え、あえてお湯を使用する人もいると聞きます。また、冬場は水を使うのもなかなかしんどいので、お湯を使う機会が増える方も多いと思います。
果たして、手荒れ防止の観点からすると、「水」と「お湯」どちらが良いのでしょうか?
なぜ手荒れは起こる?
そもそもお肌はどのような状態になると、手荒れするのでしょうか?
皮膚は、最も外側から内側に向かって、表皮・真皮・皮下組織と層になっていますが、なかでもスキンケアで最も重要な部分は表皮です。
表皮部分に注目すると、まず肌の表面は、身体から分泌される皮脂等で出来た皮脂膜で覆われ、その下に角層、次にレンガのように層を成す角質細胞があり、細胞の層の間を、角質細胞間脂質が埋めています。
普段、皮脂膜が、肌内部の水分が逃げないよう蓋の役割を果たすと同時に、外的刺激から肌を守り、また、角質細胞内にあるNMF(天然保湿因子)や角質細胞間脂質(セラミド等)が、肌の内部の水分をキープしています。これを「肌のバリア機能」と言います。
実はこの「肌のバリア機能」を崩す要因に、お湯による手洗いや、冬場の乾燥があるのです。
お湯は、容易に皮脂を溶かして洗い流してしまいます。加えて、手洗いや炊事の際に使用する洗浄剤も、やはり皮脂まで取り除いてしまいがちです。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。