執筆:座波 朝香(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
洗顔やボディソープなどの洗浄剤には、弱酸性のものと弱アルカリ性のものがあることをご存知ですか?
みなさんは、毎日のスキンケア用品をどのように選んでいるでしょうか。肌に良いものを選ぶには、肌のことを知るのが第一です。
では詳しくご説明していきましょう。
肌が弱酸性なのはどうして?
ヒトの肌が、弱酸性だということは聞いたことがありますか?酸性かアルカリ性か、その程度を表す数値、pH(ペーハー)はpH4.5~6.0くらいです。
実際には、肌の細胞自体のpHではなく、皮脂や汗の混ざりあった皮脂膜のpHです。赤ちゃんの肌も大人の肌も常に弱酸性を保とうとする働きがあります。
皮脂膜は外部の刺激から肌を守るためにベールのように肌をおおいます。
さらに、そのベールの性質として弱酸性を保つことによって、殺菌作用で雑菌の繁殖を防いでいます。

一般的なボディソープや石けんのpHとは
ボディソープなど多くの洗浄剤は弱アルカリ性です。
酸性の汚れは、アルカリ性のものでなければ落ちづらいため、清潔にするという目的では弱アルカリ性の石けんが重宝されてきました。製品にもよりますが、ボディソープなどの一般的な肌の洗浄剤や石けんは、pH9-11くらいです。
アルカリ性に傾くほど、肌への刺激が強くなります。
一般的な洗浄剤は弱アルカリ性ですが、弱酸性に作ることが技術的に可能になってからは、肌の弱酸性を守るために、ボディソープは弱酸性が良いということが巷に広がりました。