【コラム】栄養療法の第一人者が語る「オーガニック野菜のススメ」

【コラム】栄養療法の第一人者が語る「オーガニック野菜のススメ」
【コラム】栄養療法の第一人者が語る「オーガニック野菜のススメ」
執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士)
年間50日以上、海外に出かけている私が欧米から学んだこと。
それは「何を食べるのか」ではなく「どう作られたか」にこだわることです。
最近は海外出張のときはオーガニック専門のスーパーマーケットのデリを利用しています。好きな野菜は大きなボウル一杯のサラダに。好きな果物はジュースにしてもらいます。それをホテルの部屋でゆっくりと食べます。
この食事に変えてからは、旅先での時差による疲労や睡眠障害(時差ボケ)が軽減したと実感できます。
特にホテルの部屋で目覚めたときに「朝が来た」という気持ちでベッドから起き上がれることは素晴らしい変化です。
アメリカではオーガニック市場が拡大中
オーガニックとは、世界保健機関(WHO)などのガイドラインで定められた化学肥料や農薬、添加物などを一切使わずに作られる「有機農産物」のことです。
アメリカでは、オーガニック市場は右肩上がりの状況で、オーガニック取引協会(Organic Trade Association)の統計によれば、2015年度アメリカのオーガニック市場規模はその前の年から42億ドルアップの433億ドル。
2015年度の対前年比で食品全体は5%なのに対し10%以上も伸びています。
これは、堆肥で農作物を育てるなど自然サイクルを活用して環境を守り、農薬などを極力体内に入れないことで人の健康にも役立つということの意識が定着していることにあります。...続きを読む

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る 2017年3月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。