目をパチパチ、まばたきが多いのはクセじゃない?「チック症」

目をパチパチ、まばたきが多いのはクセじゃない?「チック症」
目をパチパチ、まばたきが多いのはクセじゃない?「チック症」
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
テレビに出ている芸能人や著名人で、目をパチパチして話をしている人を見かけます。
本人が気にしているのかどうかはわかりませんが、「見ているほうが気になる」という方もいるかもしれません。
じつはこれには「チック症」に原因がある可能性があるのです。
今回はこのチック症について、詳しくご説明していきます。

癖とチック症
身体の一部がピクピク動く、瞬きをパチパチする、顔をしかめるなどは、自分の意志と関係なく起きるもので、1分間に何回も繰り返して出てくる症状は「チック症」と呼ばれます。
自分の意志で治すことができないという特徴から、意識すれば止められる「癖」とチック症とは基本的に違います。
ですから、チック症だと判別するには、自分の意志でその症状を止められるかどうかがポイントとなります。
チック症は、幼児期から学童期に発症することが多いのですが、一過性だったり発達性だったりして、放っておくと治るものがほとんどです。
しかし、大人になっても症状がある場合、慢性化してしまったり、いったん治っていたチック症が再びでてきてしまっていることが考えられます。
大人のチック症
大人のチック症には次のようなものがあります。
運動性チック
・単純性運動チック
まばたき、首振り、顔をしかめる
・複雑性運動チック
物に触る・蹴る、飛び上がる
音声チック
・単純性音声チック
咳払い、鼻をならず、奇声を発する

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。