「パニック障害」とはどういう病気?

「パニック障害」とはどういう病気?
「パニック障害」とはどういう病気?
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
しばしば芸能人などが発症していたことを告白していますね。
しかし、発症したことのない人には、どのような病気なのかイメージがつかないかもしれません。
そこで今回は、パニック障害とはどういう病気なのか、基本的なことを解説します。
パニック障害(パニック症)の代表的な症状:パニック発作
パニック障害(パニック症)は、「パニック発作」がくりかえされる病気のことをいいます。では、パニック発作とはどんな症状なのでしょうか?
パニック発作は、さしたる理由がないのに、突然、動悸、呼吸困難、胸の痛み、めまい、吐き気などの身体症状が現れ、不安におそわれることをいいます。
アメリカ精神医学会が発行している『DSM-5:精神疾患の分類と診断の手引き』では、次のうち、4つ以上の症状があてはまるものを、パニック発作としています。
(1)動悸、心悸亢進(前胸部に鼓動を強く感じる状態)、または心拍数の増加
(2)発汗
(3)身震いまたは震え
(4)息切れ感または息苦しさ
(5)窒息感
(6)胸痛みまたは胸部不快感
(7)吐き気や腹部の不快感
(8)めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
(9)冷感または熱感(ほてり)
(10)異常感覚(感覚麻痺、またはうずく感じ)
(11)現実感消失(現実ではない感じ)、離人症状(自分自身から離れている)

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。