ジュースの飲み過ぎが原因で「ペットボトル症候群」に?

ジュースの飲み過ぎが原因で「ペットボトル症候群」に?
ジュースの飲み過ぎが原因で「ペットボトル症候群」に?
執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
暑い季節には、飲み物を飲む量や回数が増えますよね。
水分補給をするときには、何を飲んでいますでしょうか。
ついつい砂糖がたくさん入った甘いジュースを選んでいませんか?
そのような方へはぜひ気をつけてほしい「ペットボトル症候群」について、お話しいたしましょう。
「ペットボトル症候群」について
ペットボトル症候群とは、ペットボトルなどで糖質が多く含まれる飲料を大量に飲み続けることで起こるさまざまな症状のことで、1992年に日本糖尿病学会で報告されました。
正式には「清涼飲料水ケトーシス」と呼ばれています。
「ケトーシス」とは、体内に大量のケトン体が蓄積されることをいいます。
つまり、ペットボトル症候群は、糖質を多く含む清涼飲料水を大量に飲み続けることで身体にケトン体がたくさんたまり、不調をきたしている状態なのです。
この「ケトン体」とは一体なんなのでしょう?
また、なぜ糖質をたくさん摂ると、ケトン体が溜まってしまうのでしょうか。
次からそのメカニズムを見ていきましょう。
ペットボトル症候群のメカニズム
ヒトは糖質を摂取すると、血糖値が上がります。
すると、身体は膵臓からインスリンを分泌して血糖値を元に戻そうと働きます。インスリンには、ブドウ糖を細胞内に取り込み、エネルギーに変換する働きがあります。
糖質の摂取量が多い状態が続くと、インスリンの働きが間に合わなくなり、ブドウ糖からエネルギーを作り出すことができなくなってしまいます。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。