妊婦の8人に1人がかかる!?「妊娠糖尿病」とは

妊娠糖尿病の診断基準
妊娠糖尿病の診断は、「75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)」の検査結果を用いて行います。検査の結果、次の1つ以上を満たす場合に、妊娠糖尿病と診断されます。
・空腹時血糖値 ≧ 92mg/dl (5.1mmol/l)
・1時間値 ≧ 180mg/dl (10.0mmol/l)
・2時間値 ≧ 153mg/dl(8.5mmol/l)
(参考:一般社団法人 日本糖尿病・妊娠学会『妊娠中の糖代謝異常と診断基準(平成27年8月1日改訂)』(http://www.dm-net.co.jp/jsdp/information/024273.php))
先に述べたように、妊娠糖尿病は妊娠中にはじめて発見・発症された糖代謝異常のことをいいます。
そのため、糖尿病に至っている場合は、「妊娠中の明らかな糖尿病」と呼ばれ、区別されます。
また、妊娠前から糖尿病を発症していた場合は「糖尿病合併妊娠」と呼ばれ、妊娠糖尿病には該当しません。
妊娠糖尿病の危険性は?
妊娠糖尿病を放っておくと、次のようなリスクがあります。
母親へのリスク
・妊娠高血圧症候群
・感染症の併発
・流産や早産
・帝王切開
・羊水過多
など
胎児へのリスク
・巨大児(帝王切開になる確率が高まる)
・奇形児
・肩甲難産(胎児の肩が産道にぶつかるため)
・子宮内胎児死亡・発育遅延
など
新生児(誕生後)のリスク
・新生児低血糖
・高ビルビン血症(血液中のビルビンの値が増えすぎて、黄疸の症状が現れる)

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。