夜遅い食事に潜むリスク...「夜食症候群」に要注意

夜遅い食事に潜むリスク...「夜食症候群」に要注意
夜遅い食事に潜むリスク...「夜食症候群」に要注意
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ

秋の夜長、晩ご飯の時間が遅くなったり、夕食後についつい間食や夜食を摂って過ごしたりしていませんか?
実は、夜遅い時間の食事や間食は、「夜食症候群」を招く可能性があります。
今回はこの「夜食症候群」について、詳しくご説明いたしましょう。
夜食症候群とは
私たちの身体の中では、さまざまなホルモンが機能しています。
このようなホルモンのひとつに「レプチン」があります。
レプチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)で、脳の視床下部に作用して食欲を抑える、エネルギー代謝を促して体重を適正に保つ、といった働きをしています。
そのため、レプチンは、「満腹ホルモン」や「食欲抑制ホルモン」などとも呼ばれています。
このように、適正な食欲や体重維持に重要な役割を担うレプチンですが、夜遅い食事や夜食が常態化すると、その機能が低下し血糖値や中性脂肪が増えることがわかっています。
これを「夜食症候群(Night-Eating Syndrome、NES)」といいます。
夜食症候群になると、高血糖や高血圧、脂質機能異常などが起こりやすく、メタボリックシンドロームのリスクにもなりますから、注意が必要です。
夜遅くの食事がレプチンに与える影響
夜遅い食事はレプチンの機能を低下させます。
その理由として、大きく次の2つが考えられます。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る 2017年11月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら