安いだけじゃない!「もやし」の特徴を知ってもっと美味しく

執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
スーパーやコンビニでも売られていて、料理用途も幅広く安くて美味しい「もやし」。
まさに家計と食卓を助けてくれる優秀な食材ですね。
今回は、管理栄養士である筆者が、もやしに含まれる栄養素を分かりやすく解説し、おすすめの食べ方をご紹介いたしましょう。

もやしに含まれる栄養素
「もやし」とは、植物名ではなく、一般的に豆類などの種子を水に浸して発芽、成長させたものをいいます。
そんなもやし、実は様々な種類があることをご存知でしょうか。
なかでも、私たちが比較的入手しやすいもやしは次の3種類です。
緑豆もやし
緑豆を発芽させたもので、日本で最も市場に出回っているポピュラーなもやしです。
・カロリー:14kcal(※100g当たり)
・多く含まれる栄養素:葉酸
葉酸は貧血を予防します。
また胎児の成長にも必要とされていますので、女性は意識して摂取したい栄養素のひとつです。
ブラックマッペもやし(黒まめもやし)
ブラックマッペを発芽させたものです。緑豆もやしよりもやや細めです。
・カロリー:15kcal(※100g当たり)
・多く含まれる栄養素:ビタミンC、葉酸
ビタミンCはコラーゲン生成を助ける働きがあり、皮膚や骨を丈夫に保ちます。
また、鉄の吸収率を上げ、がんや老化の原因となる活性酸素の発生を抑制し、生活習慣病を予防する働きがあります。
大豆もやし
大豆を発芽させたものです。
豆つきのまま食べるもやしで、ナムルなどでよく見かけますね。

当時の記事を読む

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「コンビニ」に関する記事

「コンビニ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「コンビニ」の記事

次に読みたい「コンビニ」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク