感染症対策の「アルコール消毒」 その有効性と注意すること

感染症対策の「アルコール消毒」 その有効性と注意すること
感染症対策の「アルコール消毒」 その有効性と注意すること
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
インフルエンザやノロウィルスなどの感染症対策として、アルコール消毒が奨励されています。
昨今はオフィスやトイレ、公共・商業施設の受付などでも、消毒液やスプレーが設置されているのをよく見かけますよね。
そんなアルコール消毒は、石鹸で手を洗うよりも効果が高いのでしょうか?
今回はアルコール消毒の効果や消毒の仕方、注意点などを確認していきましょう。
消毒用アルコール
手指や台所の器具などの消毒用に使われるアルコールは、人への毒性が低い第3類医薬品に分類される「エタノール(エチルアルコール)」と「イソプロパノール(イソプロピルアルコール)」です。
「日本薬局方」という、厚生労働大臣が定める医薬品の規格基準書で規定されています。
消毒用エタノール
エタノールはアルコール発酵によって製造されます。
サトウキビなどの糖質とトウモロコシやジャガイモなどのでんぷん質が原料になっています。
イソプロパノールよりも毒性が低いといわれています。
消毒用エタノールは、エタノール約80%、水約20%に調整してあります。
食器など口に入るものも消毒できますが飲用はできません。
消毒用エタノールIP(イソプロパノール)
消毒用エタノールにイソプロパノール液が添加されています。
こちらは口に入るものの消毒や傷口への使用は禁止、もちろん飲用も不可です。
その他
その他、消毒効果があるものとして除菌アルコールスプレー、アルコール除菌シート、ジェルタイプの消毒剤なども挙げられます。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。