水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味
水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※)
水を飲んで太ることを意味しているわけではありません。
しかし、水をたくさん飲むとやはり太るのでしょうか?
今回は「水太り」がどんな現象を指しているのか、また、水分と体重増加の関係を考察します。
※weblio辞書『水太り』(https://www.weblio.jp/content/%E6%B0%B4%E5%A4%AA%E3%82%8A)
水のカロリーはゼロ
水を飲んで一時的に体重が増加することは当然あります。
500ccの水を飲んだ直後に体重計に乗れば、体重は500g増加しているのは明白です。
しかし、水は常に身体を出入りしていて、その量は1日に2.5リットルほどといわれています。
「入ってくる水」は、食事や飲み物からの摂取です。
一方「出ていく水」に関しては、汗や便や尿、吐く息などです。
ですから、飲んですぐに体重が増加しても、やがて排出され体重は元に戻ります。
さて、「太る」とは言わずもがな「肥満」という意味です。
こちらは、摂取される栄養素(糖質・脂質・たんぱく質など)の熱量(カロリー)が、エネルギー消費されずに余ってしまい脂肪細胞として体内に蓄積されて量が増える…という現象を指します。
水にはカロリーがありませんから、たくさん飲んだとしても「肥満」を意味するところの「水太り」にはなりません。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。