執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。
高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。
また、水虫というと足にできるイメージをお持ちかもしれませんが、手にもできる場合があります。
手荒れと間違えやすい「手水虫」についてご説明しましょう。
手水虫の原因
水虫の原因菌は「白癬菌(はくせんきん)」というカビの一種です。
白癬菌は皮膚の表面から角質層という部分に入り込み、感染を起こします。
これが足にできると「足白癬」「足水虫」、手にできると「手白癬」「手水虫」と呼びます。
白癬菌は高温多湿の環境を好みます。
手は足に比べて露出が多く、日常でもよく洗う機会が多いため、手水虫の発症は稀です。
発症確率は、足水虫の「20分の1」から「30分の1」といわれています。
なぜ手水虫ができるの?
手水虫の感染経路は、たいてい足水虫からです。
特に自分や家族が足水虫の場合は要注意です。
感染しやすいタイミングは、足の白癬菌に触れる次のようなシーンです。
 ・爪を切るとき
 ・足を掻いたとき
 ・お風呂やトイレ、キッチンのマットに触れるとき
自分の足に水虫ができている状態で、「足に触る=足の白癬菌に素手で触る」ということになります。
白癬菌のはびこる湿ったマットを洗濯するときなども同様です。
手荒れと間違いやすい、手水虫の症状
やっかいなことに、手水虫は手荒れと間違いやすく、気付かないで症状を悪化させる可能性があります。