平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人

平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人
平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
平日は普通に食事をしているのに、金曜日の夜から日曜日にかけて、食欲が抑制不能になったかのようにたくさん食べてしまう「週末過食」。
もしかすると、それは身体が発している何らかのメッセージかもしれません。
「週末過食」はお勤めしている人には誰にでも起こり得る現象です。
原因や懸念される身体へのリスク、「週末過食」に陥らないための対策ポイントなどを管理栄養士が解説します。
「週末過食」の原因は?
食べることは、からだとこころの栄養となり、生命を維持する上で重要な行為です。
それゆえ、食欲に関わる身体のメカニズムはとても複雑です。
「食べたい」という欲求は、脳の視床下部にある摂食中枢の活動によって起こります。
摂食中枢を刺激する要因はさまざまですが、おもに次のようなシグナルがあります。
飢餓のシグナル
血糖(血液中の糖質量)が下がる、胃が空っぽになる、空腹を感じさせるホルモンが分泌されるなど、身体が飢餓状態にはいることがシグナルとなり、摂食中枢が刺激されます。
脳内物質からのシグナル
摂食中枢を刺激する脳内物質としては、代表的な「ドーパミン」をはじめいくつかの物質が発見されています。
ドーパミンは「快楽」の感覚をコントロールしています。
食べることは「満足感」「陶酔感」といった快楽の感情を生みます。
そのため、強いストレスがかかったときに「やけ食い」「やけ飲み」をするといった、快楽を得るために食べる、という反応を起こすことがあるのです。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。