お口の中の細菌は万病のもと 『口腔内フローラ』の重要性を説く!

お口の中の細菌は万病のもと 『口腔内フローラ』の重要性を説く!
お口の中の細菌は万病のもと 『口腔内フローラ』の重要性を説く!
執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
腸内細菌が形成する「腸内フローラ」はすでによく知られるようになりましたが、お口の中の「口腔内フローラ」についてはいかがでしょうか?
「齢」という漢字には「歯」という字が含まれているように、歯の健康は長寿に欠かせない要素で、全身の健康にも関わっています。
口腔内フローラの知識を得て適切なケアを実践し、健康維持に役立てましょう。
口腔内フローラとは
口の中には、およそ700種類もの細菌が存在しているといわれています。
これは生後に外部から入ってきた菌が口の中に定着したもので、こうした口腔内の細菌の集まりを「口腔内フローラ(口腔細菌叢)」と呼びます。
おもな生息場所は歯垢(プラーク)ですが、その他にも舌苔(ぜったい)や唾液の中に存在し、それぞれに異なる菌叢を形成しています。
私たちが普段食べるものにも細菌は含まれますが、口腔フローラとして定着できるのは歯や口腔粘膜にくっつくことができる細菌のみです。
子どものときに定着した細菌群がバイオフィルムを形成し、その後に外からやってくる細菌の定着を防いでいます。
口腔内フローラの役割とは?
唾液が口腔内を清潔に保つ自浄作用を持っていることはご存知でしょう。
唾液には抗菌物質や抗体などが含まれ、口の中に入ってくる細菌の発育を抑える働きをしています。
ですから、口腔内フローラを形成している細菌は、こうした物質に対する抵抗力を備え、うまく共存できている細菌であるといえます。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。