『苦くてまずい』はもう古い?実は栄養満点の気になる野菜『ケール』とは

『苦くてまずい』はもう古い?実は栄養満点の気になる野菜『ケール』とは
『苦くてまずい』はもう古い?実は栄養満点の気になる野菜『ケール』とは
執筆:磯野 梨江(管理栄養士)
医療監修:株式会社とらうべ
ケールと聞いて青汁を連想される方も多いのではないでしょうか?
なんとなく苦くて不味いイメージが強いですが、ケールには現代人に不足しがちな栄養素が多く含まれています。
最近ではスーパーなどで、「サラダケール」と呼ばれる生食が可能な苦みの少ないケールも出回っています。
今回はスーパーフードとしても注目される、ケールの栄養価と効果について詳しく解説していきます。
ケールってどんな野菜?
ケールはアブラナ科アブラナ属の葉野菜で、キャベツの原種とされるヤセイカンランに近い品種です。
キャベツは結球(葉が重なって球状になること)しますが、ケールは結球せず一枚一枚の葉が大きく育つ点が特徴的です。
原産は地中海沿岸で、紀元前から薬草として使われていたという記録が残っています。
ヨーロッパでは日常的に食べられていますが、日本に伝わったのは江戸時代で、おもに青汁などの飲み物として流通してきました。
「羽衣甘藍(はごろもかんらん)」又は「緑葉甘藍(りょくようかんらん)」とも呼ばれます。
生で食べると非常に苦いため、スープなどの煮込み料理や炒め物などに調理するか、飲み物にアレンジして摂取する方法が適しています。
残念ながら日本のスーパーではなかなか見かけませんが、インターネットや自然食品を扱う販売店、デパートなどでは入手できるようです。
冒頭でお伝えしたとおり、最近は生でも食べられるように苦みを抑えた「サラダケール」が流通し始めています。

あわせて読みたい

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。