ワインのちびちび飲みは要注意!「酸」で歯が溶ける『酸蝕歯』

ワインのちびちび飲みは要注意!「酸」で歯が溶ける『酸蝕歯』
ワインのちびちび飲みは要注意!「酸」で歯が溶ける『酸蝕歯』
       
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
歯の病気といえば虫歯があまりにも有名ですが、『酸蝕歯(さんしょくし)』という病気をご存知でしょうか?
聞きなれない酸蝕歯は、その名の通り「酸に蝕まれた状態の歯」です。 
虫歯菌が作り出す酸によって歯が溶け出すことから始まる虫歯同様に、酸蝕歯も気をつけたい病気です。
原因や対策について解説していきます。
酸蝕歯とは
酸蝕歯は、酸性の食べ物や飲み物の影響で、歯が溶けてしまう病気です。
初期の段階では歯の表面が柔らかくなる程度ですが、進行すると歯の表面が溶けて、神経が走っている部位の「象牙質(ぞうげしつ)」がむき出しになってしまいます。
また、酸蝕歯の進行によって、歯が黄ばむ、透けて見える、つやがなくなる、しみる、被せ物や詰め物が合わなくなる、などの症状があらわれます。
虫歯は原因菌が糖などの栄養素から酸を作り出し、歯を溶かすことで起こります。
酸蝕歯も同様の過程をたどるのですが、特定の場所にできる虫歯とは違い、酸蝕歯は口の中全体で起こるため広範囲まで影響が及ぶという特徴があります。
歯が溶けるメカニズム
歯の表面はミネラル成分で構成される「エナメル質」で覆われ、その硬さが保たれています。
エナメル質は酸に弱いため、食事や細菌の影響で溶け出す現象「脱灰」が起こります。
このとき働くのが唾液です。
唾液は酸を中和してエナメル質を元に戻す「再石灰化」という働きをします。

当時の記事を読む

Mocosukuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。