コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長

コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長
拡大する(全5枚)

下北沢の台湾もつ鍋専門店「台湾もつ鍋本舗 もつ小屋」が、新型コロナウイルス禍の中にも関わらず過去最高の売上を更新し、飲食業界から大きな注目を集めている。その躍進の背景にあるのは、同店の「シェアリングブランド」というサービスだ。

この聞き慣れない言葉「シェアリングブランド」、通称「シェアブラ」とは、一つの店舗で複数のブランドのメニューを扱うというものだ。

もつ小屋のメニューを覗いてみると、同店自慢の台湾もつ鍋以外にも、人気店の看板メニュー、たとえば『曾さんの餃』」の「肉汁爆発 焼き餃子」や『ヒノマル食堂』の「石焼ホルモン」、『CRISPY CHICKEN n’ TOMATO』のクリスピーチキン、『SELECT CAFE KKOTBING』の韓国カキ氷などが並んでいる。

人気店舗の看板メニューの他、それらの店の他のメニューも食べられる。

コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 ...の画像はこちら >>

もつ小屋では人気店から一種の“のれん分け”ともいえるパートナー契約を結ぶことで、ブランドロゴ、レシピを借り受け、メニューに加えている。また調理された食材をそこから仕入れることにより、調理工程の簡素化、在庫ロスの削減にもつながっているという。

コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長
もつ小屋店長の宮下りささん。

たしかに、店舗側からすればメリットが多い。オリジナルレシピの開発の必要がなく、調理が簡易化されているために、専門スキルのあるスタッフがいなくとも営業することができる。そして接客により集中し、ホスピタリティの上昇に努められる。


この記事の画像

「コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長」の画像1 「コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長」の画像2 「コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長」の画像3 「コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長」の画像4
「コロナの中でも飲食店舗の売上増やす「シェアリングブランド」 下北沢の人気店「もつ小屋」は“シェアブラ”で急成長」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

もぐもぐニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク