QRコードに動画を入れて就活に使う大学生が増加 動画が変える新しい就職活動事情

…というにはちょっと問題があります。YouTubeの「誰でも見れる」という手軽さには注意が必要です。動画を作成し、志望する企業が見るまでの短い期間だとしても、どこの誰に見られてしまうかわかりません。また、本人が登場しない学生時代に特に注力した内容を盛り込んだスライドであれば、問題になることは少ないでしょうが、顔を写す必要がある自己PR動画は思いもよらない誹謗中傷にあってしまう可能性があります。

広告や関連動画が出てしまう危険性もあり、誰でもコメントができてしまうため、専門的な学習をアピールする動画が違った意味で目立つことも考えられます。もちろん、企業側も関係のない関連動画や根拠のないコメントをアテにすることはありませんが、少なからず印象を残ってしまう可能性があるのです。

さらに、動画選考をしていない企業には、「エントリーシートにURLを添付する」というアピールが必ずしも好印象につながらないという事実にも注意が必要です。そもそもURLがついているからといって、それをそのままコピペして見ようとする人は稀です。特にコミュニケーションに重きを置いている企業へ、見る側の気持ち(ユーザビリティ)を理解しない方法は、マイナス評価につながってしまう可能性があり、どこの企業でもエントリーシートにURLを添付することが印象に残せる方法ではないことを理解しておきましょう。

学生たちに人気のQRコード動画サービス「mevie」

あわせて読みたい

もぐもぐニュースの記事をもっと見る 2019年8月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら