アップルの“ARグラス”登場は近い? これまでの特許や報道振り返り・まとめ

アップルの“ARグラス”登場は近い? これまでの特許や報道振り返り・まとめ

AR(Augmented Reality、拡張現実)デバイスはデジタル情報を現実に重ねて表示することが可能で、ARグラスやARヘッドセットなどの名称で呼ばれています。近年では、各企業からARデバイスが登場し、市場が広がりを見せています。

iPhoneMacで知られるアップルApple)も、ARに早くから注力している企業の1つです。アップルからは未だARデバイスが発表されていませんが、市場や開発者はアップルのARデバイスに注目するなど多くの期待が寄せられています。一部報道では、2020年前半にリリースが開始するのではないか、と報じられています。

本記事では、アップルがこれまでに出願・取得したAR関連の特許についての情報や、ARデバイスに関する動向を、過去に掲載したニュース等をもとに振り返ります。

目次

1. 早くからAR関連の特許取得や企業買収を実施
2. NASAはアップル製AR/VRデバイスを検討していた
3. デバイスの特許取得や「ARkit」登場などARへの投資が進む
4. 過去には一体型ARヘッドセットの噂も
5. 台湾企業とARメガネのディスプレイ製造について合意
6. 片目8KのAR/VR両対応ヘッドセット開発中か
7. 「ARkit2」でAR機能がより強化へ
8. ハンドトラッキング企業の買収に2度失敗
9. 2019年中にARデバイスが量産開始か?
10.アップル製ARデバイスは未発表ながら高い注目を集める


あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年6月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。