アバターが座っている席には座らない ARが及ぼす心理的影響をスタンフォード大が実験

アバターが座っている席には座らない ARが及ぼす心理的影響をスタンフォード大が実験

スタンフォード大学の研究者らは、ARコンテンツの体験が、現実でのユーザーの振る舞いに影響を及ぼすという実験結果を発表しました。デバイスを付けていない状態ですら、ユーザーはAR体験の影響を受けて行動するということです。

アバターが座っている席には座らない ARが及ぼす心理的影響を...の画像はこちら >>

ARアバターの存在が影響

実験を行ったのは、スタンフォード大学Virtual Human Interaction Labのジェレミー・べレイソン教授らです。218人の被験者に対し、マイクロソフトのMRヘッドセットHoloLensを用いた3つの異なるテストを実施しました。

1つ目の実験は、社会的抑制(観察者や共行動者がいることで、課題の成績が低下する現象)に関するものです。被験者はヘッドセットをかぶり、文字を入れ替えて単語を作るアナグラムの課題を解きます。この時、ARアバターが作業の様子を見つめています。
結果、実際の観察者がいる場合と同じように、ARアバターの存在は被験者のパフォーマンスに明確な負の影響を及ぼすことが分かりました。

アバターが座っている席には座らない ARが及ぼす心理的影響をスタンフォード大が実験

2つ目の実験では、社会的手がかり(social cue)について検証しました。被験者は2つの並んだ椅子のうち、どちらかに腰掛けるよう指示されます。1つにはデジタルアバターが座っており、もう1つは空席です。するとヘッドセットを装着した被験者の100%が、空席に座ることを選択しました。
さらに驚くべきことに、着席前にヘッドセットを外すよう指示された被験者(アバターは見えていません)でも、72%が空席を選んだということです。


当時の記事を読む

MoguraVRの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月18日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。