フェイスブック「メッセンジャー」で顔認識ゲーム 最大6人対応

フェイスブックはチャットアプリ「Messenger(メッセンジャー)」のビデオチャットに、新しく顔認識を活用したARゲーム機能を追加しました。最大6人まで同時に、ビデオで会話しながらゲームを楽しむことができます。

フェイスブック「メッセンジャー」で顔認識ゲーム 最大6人対応

ゲームは現在2種類、今後追加予定

ゲームは現在2種類です。誰が笑わずにいられるかを競う、にらめっこのような”Don’t Smile”、宇宙船を操作する”Asteroids Attack”がプレイできます。

また今後、ビーチボールゲームの”Beach Bump”、猫を合わせるゲーム”Kitten Kraze”といった新しいタイトルも追加予定です。

ARゲームをプレイするには、まずMessengerを最新のバージョンにアップデートします。既存のトーク画面を開くか、新しくチャットするメンバーを選んで画面右上のビデオアイコンをタップ。そしてスターボタンをタップし、プレイしたいARゲームを選ぶだけです。
チャット相手はゲームが開始された通知を受け取り、一緒にゲームに参加できます。

https://www.facebook.com/messenger/videos/2086147668171569/

さらなる利用者増を期待

昨年Messengerのビデオ通話が利用された回数は170億回以上、前年の2倍の数だということです。フェイスブックはこのゲームを通じて、ユーザーが更にチャット機能を利用し、会話を楽しむことを期待しています。

ビデオ通話で顔認識を使ったゲームに関してはすでにLINEが「Face Play」という名称で実装を行っています。

フェイスブックはMessengerで360度写真を送付する機能やAR広告など、SNSでのAR/VR導入も積極的に進めています。

(参考)Facebook Newsroom

あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2018年8月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「VR」のニュース

次に読みたい関連記事「VR」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。