VRで3Dモデルを作れるプロ向けツール「Gravity Sketch」Oculus Questに対応

VRでハイクオリティな3Dモデルを制作できる「Gravity Sketch」が、Oculus Questに対応しました。「Gravity Sketch」はクロスバイ(※)にも対応しており、Oculus Rift向けに購入している場合はそのままOculus Questでも使用できます。価格は2980円、購入はOculus Storeの製品ページから。

(※クロスバイ……ソフトを1つ購入すれば、同ソフトの他機種版もプレイ可能となる仕組み)

VRで3Dモデルを作れるプロ向けツール「Gravity Sketch」Oculus Questに対応

クロスバイにも対応、Oculus Questで3Dモデリング

「Gravity Sketch」はプロ向けに開発されたデザイン・モデリングツール。「Tilt Brush」や「Medium」といった他のVR向け3Dモデリングツールにはない機能を駆使して、細部まで作り込んだ3Dモデルを制作できます。スケッチの作成や形状の自由な変更、他のデザインソフトで制作したデータを読み込むなどの機能も備えています。

Oculus Storeの説明では"画像をインポートしたりオブジェクトを.OBJファイルとしてエクスポートしたりする機能と同様に、数多くの作成ツールが含まれている”とのこと。

VRでのアート制作の可能性、注目集まる

2019年7月、ジャーナリズムやアートに関連する財団・Knight Foundationは75万ドル(約8,100万円)の助成金を、アート向けVR技術のために提供しました。これらの動きをはじめとする、「VRでアートを制作し、体験する」といった試みに、関心が集まっています。

今後アーティストらによるVRアートがより広まるのも時間の問題だと思われます。「Gravity Sketch」のOculus Quest対応により、クリエイターはVRアートが当たり前となった世界へ、一歩近づいたと言えるでしょう。

(参考記事)UploadVRRoad to VR

あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年7月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。