IntoFreeが「世界のロケーションベースVR/ARマップ」公開、400カ所以上のVR/AR体験施設を網羅

株式会社IntoFreeは、VR/ARを使用したエンターテインメント施設を可視化する「世界のロケーションVR/ARマップ」を作成し、19日に公開しました。マップは公開時点で約430ヶ所の施設が登録されており、今後も随時更新が行われるとのこと。

IntoFreeが「世界のロケーションベースVR/ARマップ」公開、400カ所以上のVR/AR体験施設を網羅

IntoFreeは、HTC NIPPON株式会社にてVIVE事業の責任者を務めていた西川美優氏による、xR(VR/AR/MR)領域でコンサルティングサービスを提供する企業です。

400カ所以上を網羅、引用可能

本マップはIntoFreeの当該ページにて公開されており、Google My Mapsのリンクを使用することにより誰でも自由に引用や転載を行うことが可能です。当該マップでは世界各地に展開を進めるZero Latencyや米国を中心に広がりつつあるThe VOID、日本発でアジア展開を行うHADO、そして日本中心に展開を行うVR ZONEなどが確認できます。

IntoFreeはこのマップに関し、「世界中のゲームセンター、テーマパーク、脱出ゲーム、アスレチック施設などのロケーションビジネスでは、VRやARによる体験を導入することにより顧客に新たな付加価値を提供する動きが加速しています。本マップではその動向を明らかにすると共に、国境を超えたビジネスコラボレーションを推奨する狙いがあります」とコメントしています。

(参考)株式会社IntoFree プレスリリース

あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年6月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。