新型MacBook Pro、外付けGPU「Blackmagic eGPU」でVR対応

アップルは2018年モデルとなるMacBook Proの新型を発表しました。周辺機器で外付けGPU「Blackmagic eGPU」を組み合わせることでグラフィック性能を大幅に向上し、HTC Viveが動作可能になります。

パフォーマンスの向上

現行モデルと同じくRetinaディスプレイの備えた13インチモデルと15インチモデルの2サイズのラインナップ。第8世代のINtel 6コアおよびクアッドコアプロセッサを搭載しています。メモリは最大32GB搭載可能、CPUは最大の4.8GHzのTurbo Boost可能などとパフォーマンスの高さを売りにしています。TouchBarは、13インチに搭載モデルと非搭載モデルがありますが、15インチは全てのモデルに搭載されています。

新型MacBook Proの各モデルのスペック詳細確認・購入は公式サイトにて可能です。

ゲームエンジンUnityの動作速度が向上していることを示すグラフ

新型MacBook Pro、外付けGPU「Blackmagic eGPU」でVR対応

グラフィックスは外付けGPUでさらに強化

MacBook Proのグラフィックスは同時に発売される外付けGPU(eGPU)でさらに強化されます。国内発売されるのは、Blackmagic Design社の「Blackmagic eGPU」です。価格は89,800円(税別)です。

新型MacBook Pro、外付けGPU「Blackmagic eGPU」でVR対応

「Blackmagic eGPU」は、Thunderbolt 3ポートを備えたMacに対応しており、AMD社のRadeon Pro 580グラフィックプロセッサ(8GB GDDR5メモリ搭載)を内蔵しています。

...続きを読む

あわせて読みたい

MoguraVRの記事をもっと見る 2018年7月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。