もし街の中心に原爆が投下されたら?教育用VRプログラム「Nukemap VR」

2019年8月9日、原子爆弾がニューヨークの街で爆発した際の被害が体験できるVRプログラム「Nukemap VR」がアメリカ・ニュージャージー州でお披露目されました。同ソフト内で爆発するのは、広島に投下された「リトルボーイ」と同サイズの原子爆弾です。

今回「Nukemap VR」のデモンストレーションが行われた8月9日は、第2次世界大戦中、長崎に原爆が投下された日です。

もし街の中心に原爆が投下されたら?教育用VRプログラム「Nukemap VR」

Webサービスを母体に開発

「Nukemap VR」は、Reinventing Civil Defenseと呼ばれる、核兵器などの危険に関する理解を再び深めるためのプロジェクトの一環です。同作は、地図上で様々な爆弾を爆発させ、その被害範囲を知ることができるwebサービス「Nukemap」を原型として開発。VRヘッドセットは、Oculus Riftを使用します。

「Nukemap VR」の開発者は博物館向けのVRコンテンツ制作などを手掛けているChristopher Manzione氏です。同氏は「Nukemap」の開発者、Alex Wellerstein氏と共同で「Nukemap VR」を制作しました。

もし街の中心に原爆が投下されたら?教育用VRプログラム「Nukemap VR」

https://player.vimeo.com/video/353637387

Manzione氏によれば、2019年8月現在「Nukemap VR」の開発はまだプロトタイプ段階を脱していないとのこと。同プログラムを体験したBusiness Insiderの記者Dave Mosher氏も、グラフィック等に一部不具合が生じていたことを報告しています。


あわせて読みたい

MoguraVRの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月19日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。