6月にRift Sがソフトウェアアップデート NVIDIAの最新GPU向け

2019年5月21日に発売されたPC向けのVRヘッドセットOculus Rift S(以下Rift S)が、アップグレードされることが発表されました。このアップデートの恩恵を受けられるのは、NVIDIA製のRTXシリーズなどTuring世代のGPUと使用した場合です。アップグレードはソフトウェアアップデート形式で配信予定。配信時期は、2019年6月が予定されています。

6月にRift Sがソフトウェアアップデート NVIDIAの最新GPU向け

今回の発表はOculusの公式ブログで行われました。Oculusによると、アップグレードの目玉はパススルー+の性能向上です。パススルー+機能は、VRヘッドセットの前面カメラを利用して、ヘッドセット越しに現実世界を見るシステムのことです。アップグレードによってさらにクリアに安定するとのこと。

via Gfycat

(パススルー機能の比較映像。アップグレード後(右)の場合、より映像がクリアかつ安定しているのが確認できる)

また、「パススルー+機能」と同時に、非同期スペースワープ(ASW)機能も性能が強化されるとのこと。ASWは、ディスプレイに表示される映像の遅延を防ぐ機能です。直近の2つのフレームデータから次のシーンを予測。ディスプレイに表示して、遅延のない動きに見せます。

より映像が安定的に

今回発表されたアップグレードには、NVIDIA の新テクノロジー「NVIDIA optical flow」が関係しています。この技術は、マクロブロックの解像度を4倍にするほか、モーションベクター情報の精緻化や適切なオプティカルフローを強調する効果などを有しています。2019年5月現在、「NVIDIA optical flow」はTuring世代のGPUのみがサポートしています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年5月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「インテル」のニュース

次に読みたい関連記事「インテル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファーウェイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ファーウェイ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。