360度カメラ「THETA」新プラグインで利便性向上 シングルレンズ撮影、クラウド連携、VRHMD無線接続

株式会社リコーは、360度カメラRICOH THETA」のプラグインストアに新たな公式プラグインを公開しました。シングルレンズ撮影やクラウドアップロード、VRヘッドセットに無線での接続可能にするといった、撮影や閲覧を楽しむための3種類のプラグインが公開されました。

プラグインに対応しているのは「RICOH THETA V」と「THETA Z1」の2機種。PC経由でインストールすることで、自分好みにカスタマイズが可能です。

プラグイン概要Single Lens Shooting (シングルレンズ撮影)

360度カメラ「THETA」新プラグインで利便性向上 シングルレンズ撮影、クラウド連携、VRHMD無線接続

Single Lens Shootingプラグイン」では、360度の静止画と共に4:3、1:1の静止画も保存します。アスペクト比4:3では対角85度、35ミリ判フィルム換算で焦点距離23.6ミリ相当、アスペクト比1:1では対角180度、35ミリ判フィルム換算で焦点距離10.8ミリ相当の超広角画像が同時に記録できます。

File Cloud Upload V2 (クラウドアップロード V2)

360度カメラ「THETA」新プラグインで利便性向上 シングルレンズ撮影、クラウド連携、VRHMD無線接続

File Cloud Upload V2プラグイン」では、 RICOH THETAをルーターにつなぎ、インターネット経由で静止画(jpeg/RAW)や動画をGoogleドライブにアップロードできます。

VR Media Connection(VRメディアコネクション)

360度カメラ「THETA」新プラグインで利便性向上 シングルレンズ撮影、クラウド連携、VRHMD無線接続

VR Media Connectionプラグイン」では、THETAとVRヘッドセットを無線で接続することを可能とし、画像鑑賞時にはスマートフォンやPCも必要ありません。THETAで撮影した動画や静止画をスマートフォンに転送をしなくても、カメラからダイレクトに、Oculus GoやPlayStation 4とPlayStation VRに接続し、VR鑑賞することが可能です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年5月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。