カメラで製品を特定してAmazonへ スナップチャット新機能を開発中か

写真共有SNSのスナップチャットが“Eagle”というコードネームの新機能を開発中であることが報じられています。アプリを利用して製品やバーコードをカメラで読み込むと、「製品の全てがAmazonでわかる」ということです。

Snap社は「ノーコメント」

メディアTech Crunchが報じているこの製品サーチ機能は、正式にアナウンスされたものではなく、個人のリサーチャーがスナップチャットのソースコードから発見したものです(なお製品サーチ機能についてSnap社は「ノーコメント」としています)。またAmazon側の発表もなく、同社が開発に協力しているのか、それともスナップチャットがAmazonとの連携を目指しているのかは不明です。

カメラで製品を特定してAmazonへ スナップチャット新機能を開発中か

しかしスナップチャットのカメラがこの製品サーチの機能を備えれば、競合の写真共有アプリInstagramとの差別化につながり、単なるSNSからの脱却が図れそうです。またAmazonのサイトへと誘導することは、アフィリエイトとして新しい収益源にもなります。

アプリを通して製品認識

スナップチャットは2016年にも音楽認識アプリのShazamと提携しており、近くで流れている音楽を識別し、友人と共有したり、そのアーティストをスナップチャットでフォローしたりといった機能を搭載しました。

今回のプロジェクト“Eagle”はこの音楽サーチ機能と同じように、カメラを通した製品のビジュアルサーチ機能を搭載するものです。カメラで製品を認識したり、バーコードを読んだりする機能は、スナップチャットを若者のおもちゃから役立つ道具へと変える可能性を持っています。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。