新発想の独自機構ライド&歩行型VRデバイス、ビーライズブース体験レポ【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(TGS2018)。年々存在感を増しているVR/ARコーナーですが、中でも注目を集めていたのはビーライズ社のブースです。展示には5K解像度と210度の広視野角を備えたVRヘッドセット「StarVR」を使用、斬新なアイデアで開発が進められているVRデバイス2種が展示されていました。その感触をレポートしていきます。

新発想の独自機構ライド&歩行型VRデバイス、ビーライズブース体験レポ【TGS2018】

同ブースに出展されたのは、広島市立大学発のベンチャー企業Lumbus(ランバス)と共同開発したVRライドマシン“Lumbus”と、まだ名前のないVR歩行デバイスの2つ。いずれもVRヘッドセットにはStarVRが用いられています。

新発想の独自機構ライド&歩行型VRデバイス、ビーライズブース体験レポ【TGS2018】

(展示されているデバイスの機構説明)

Lumbusは座るタイプのライドマシンで、最大25度もの傾斜が体験できます。特徴的なのは傾斜の大きさに加えて、その構造のシンプルさ。スタッフに尋ねたところ、カップで支えるというシンプルな作りのため故障しにくく、またデバイスを動かすためのアクチュエータの数が少なくて済むのだそうです。実際ブースで動作していた試作機では、2本の細いアクチュエータだけでピッチ軸(左右軸)とロール軸(前後軸)の動きを制御していました。

新発想の独自機構ライド&歩行型VRデバイス、ビーライズブース体験レポ【TGS2018】

(現存するライドマシンよりもだいぶ小型な印象です)

会場で体験できるコンテンツ「ラストライドVR」は、超高層ビルの外側に設置されたレールの上を椅子に乗って滑走するという、Lumbusの機構をよく感じられる内容。レールの傾きに合わせてシートが動くことで、かなりのスリルが味わえることでしょう。実際には25度までしか傾いていないのに、それ以上なVR世界の(視覚的な)傾きに引っ張られて「イスから転げ落ちそう! 怖い!」という錯覚を味わえるのも楽しかったです。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。