HTCのストア「Viveport」でOculus Rift対応コンテンツも取扱へ

HTCは公式ブログの中で、自社が運営するVRコンテンツの配信プラットフォームViveportにてPC向けVRヘッドセットOculus Rift対応のコンテンツの取扱を開始すると発表しました。開発者はすでにOculus Rift向けコンテンツをアップロード可能になっており、ユーザーの購入開始は9月4日を予定しています。自社が展開するHTC Viveのみならず、対応するVRヘッドセットを増やし、プラットフォームとしての規模を拡大します。

HTCのストア「Viveport」でOculus Rift対応コンテンツも取扱へ

コンテンツ購入、月額課金での利用が可能に

Viveportは、HTCが2016年9月にリリースしたHTC Vive向けのVRコンテンツ配信プラットフォームです。ゲーム以外にも、教育やアート、スポーツやビデオなどさまざまなVRコンテンツが配信されています。同じHTC Viveが対応するプラットフォームSteamへのアクセスができない中国へのコンテンツ配信プラットフォームとして開始、その後北米など中国以外でも展開しています。

今回開始するのは、ViveportでのOculus Rift対応タイトル配信です。それに伴い、Viveportの月額課金サービスではOculus Rift対応コンテンツも対象となります。Vive月額課金サービスは、月額利用料を払えば最大5本のVRコンテンツを1か月間利用することができるサービスです。最初の1か月は月額利用料なしで利用できます。

あわせて読みたい

MoguraVRの記事をもっと見る 2018年8月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。